イベント・講座情報~教員・子ども英語講師対象『イングリッシュキャンプで講師研修』2018

201408camp2.png

ご訪問ありがとうございます。申込は締め切りました。今後のイベントや講座のお知らせは、メール会員(無料)に登録してお受け取りいただけます。

  

GC English Camp 教員・子ども英語講師研修プログラム

小学生対象のイングリッシュキャンプに同行し、リーダー講師の指導を受けながら見学及び実地研修を行うことで、指導者としての経験値アップ、スキルアップができるプログラムです。

link06_005.png子どもたちから反応を引き出す英語指導・レッスンの具体的な手順や工夫のしかたは?

link06_005.png子どもからの想定外の反応はつきもの。そんなとき、実際にどう対応する?

先輩講師や仲間とともに現場で学べるので、孤独な試行錯誤の時間を大幅にカットし、ご自身の指導力も英語力も伸ばせます。

小中学校の教員や子どもたちへの英語指導を担当する講師が対象です。また、将来このような仕事を希望する方のご参加も歓迎です。

★ 経験の浅い先生には、実践とフォローにより、経験を積み、自信を持てる場を。

★ ベテラン先生には、新たな仲間と発見、次なる活躍の場を。

  

子どもたちの変化が見える! 
GCイングリッシュキャンプのポイント

ご参加の皆様より【1】

生活に密着した生きた英語を子供達と共に

(イングリッシュキャンプ講師研修に参加してよかった!と思うこと)
 
実際の生活に密着した生きた英語を子供達と共に使って、コミュニケーションが出来たことが良かったと思いました。
教室の中では口頭練習、シチュエーションを作っての練習をしていますが、なかなか定着しずらい面がありますが、キャンプではその場その場で必要な表現が英語で表せたので良かったです。

(ご自身の指導力向上に生かせる学び)

子どもたちを引きつける方法、しっかり理解できているか確認する方法を見せて頂けたので参考にさせて頂きたいです。
レッスンのテンポ、間の取り方、緩急の付け方等、先生方のやり方を見習って自分の授業に今後生かしたいと思います。
 
(子どもたちの様子や変化で印象的だったこと)
 
はじめは日本語でスタッフや講師に話していた子供達でしたが、日を追うごとに挨拶やトイレに行きたい時等英語で段々言えるようになっていたのが印象的でした。
May I ~?、Can I ~?という表現を使って言えるようになっていました。 Show Timeや自己紹介も皆の前で発表出来て自信がついたのではないかと思います。

(西村先生)

イングリッシュキャンプ生活風景

一年かけて研修に通うより……

お客様の声

この企画の特に素晴らしいと思うところは下記の2点が兼ね備わっていることです。
本当に最高でした*\(^o^)/*

【1】対象が子ども(遠慮しない)というメリット

自分がやったことがその場でリアルタイムにダイレクトに実感できるというのがとてもありがたかった。手を抜けば抜いただけの結果、本気でいけば、それ相応の結果が得られる、まるで子どもは大人の鏡という感じで、大人が先にあきらめたら終わり、すべての源は自分だということがよくわかった。こちら(こそ)が試されていると感じた。

【2】ベテランの先生が一緒にいるというメリット

毎夜の先生方とのミーティングで話す内容。
その日の反省と翌日の改善点の1分トークに始まり、先生からのフィードバックが非常に貴重であり、とにかくdiscussの内容がめちゃくちゃ濃かった。一年かけて研修に通うよりこの3日で得る事の方がずっと大きいと感じた。

非常にやりがいのある、最高の体験ができる機会だと思う。

(横江先生)

素晴らしい仲間と出会えて、切磋琢磨できた

現在、高校の英語教員として勤務しており、児童英語からは少し離れている状況でありましたが、今回の私のテーマは、「生徒をひきつける授業とは」ということでした。

さまざまはプログラムの中で一番これは使える!と思ったことは、「生徒の目線をしっかりとめる」ということです。千里先生、聡子先生たちのレッスンの中で、カードを提示する際も、流れるようにカードをふらふらと見せるのではなく、止めるところは止める!を意識してみせると、見ている側も安心して、情報をキャッチ、習得していけると思いました。自分の悪い癖だと思うのですが、教壇にたつときに、熱が入るあまり、オーバーアクションになり身振り手振りで説明していて雑多な印象しか与えてない気がしていたのです。生徒の年齢が低い高いにかかわらず、しっかり動きをとめてから、英語の発話に入るなり、次のアクションにうつることが非常に効果的とわかりました。

また、さやか先生がヒントを投げかけてくださった「言葉がなくても注目させる技」も今後のテーマです。レッスンを始める際、大声をださずとも、注目させることは、集中力を高めて五感を研ぎ澄ませて授業に臨めると思います。究極の「ノンバーバル」な活動かもしれません。

最後になりましたが、今回のイングリッシュキャンプで、素晴らしい仲間と出会えて、切磋琢磨できたことが非常にうれしかったです。講師のみなさんの英語力の高さ、英語指導のスキルの高さ、なんといっても児童英語への熱い思いにビシバシと刺激を受けて、本当に熱い三日間をすごさせてもらいました。

(中山先生)

3日間という時間の中でこども達の変化が見られた

(イングリッシュキャンプ講師研修に参加してよかった!と思うこと)
 
熟練の先生方のレッスンをしっかり見れたこと。レッスンだけでなく、こども達との関わり方も見れたこと。
長年All Englishのレッスンについて、もやもやしていたことをスッキリさせる糸口をいただけたこと。
1日だけでなく3日間という時間の中でこども達の変化が見られたこと。
講師研修のとっても素敵な仲間に出会えたこと。
 
(子どもたちの様子や変化で印象的だったこと)
 
初日、駅で集合した時のみんなの表情と、帰りの解散時の表情。 全く違いましたね。
写真で見ても、皆の表情がどんどん変わっていったのがわかりますね。
最初は英語で話しかけられると困った顔だった子も、徐々にそれに慣れていき、日本語で返すとしても聞くことには拒否感が無くなったように思います。

(福田先生)

研修担当講師・プログラム企画リーダー プロフィール

金井さやか講師

講師: 金井さやか

英語コーチ、講師トレーナー(J-SHINE講師育成トレーナー)、企業研修講師。パフォーマー(パントマイム)。

教育系企業で講師として指導にあたりながら、社内で英語専門の部署を立ち上げ、講師トレーナーとして英語講師のレベルアップに努める。教材・講座の企画開発、海外体験引率、新規教室開校などにかかわる。

独立後、子どもから大人までの英語指導、英語に関するキャリア支援、企業などで英語や異文化コミュニケーションに関する講座などを担当している。公立小学校での指導、活動のサポートも行っている。

海外でのパフォーマンス経験もあり、言葉だけに頼らない表現力・対話力の指導も好評。
TOEIC990点(満点)、英検1級を取得。英語試験の面接も担当する。通訳案内士の国家資格も持ち、東京都「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座を担当する。

著書:『国内でTOEICテスト990点~留学しなくても英語力は伸ばせる!』
『CD付 英語は耳読書で学べ』
『TOEICテスト満点コーチが教えるビジネス英語』(以上・中経出版)
『英語の授業では教えてくれない 自分を変える英語』(講談社インターナショナル、共著)

2011sabooks.jpg

CD:『金井さやかの 90日で仕上げるTOEIC(R)テストSTEP BY STEPコーチング』

記事、出演:『English Journal』『子ども英語』(アルク)などへの掲載、執筆多数。『DVD版 小学校英語指導者資格取得研修講座』『小学校教師のための英語ゲームこれだけ!』に出演。
英語学習者向け新聞『毎日ウィークリー』にて、「はなしてみよう」のコーナーを連載。東商新聞にて、『かんたん英会話』コラムを執筆。

  

イングリッシュキャンプ担当講師陣

これまでのイングリッシュキャンプに参加し、子どもたちと接してきた経験も豊富な講師陣。

子どもたちへのメッセージを載せた写真で紹介します!

GCイングリッシュキャンプ講師陣


GC English Camp 教員・子ども英語講師研修プログラム 概要

日時・場所

事前研修:2018年 8月4日(土)午後6時15分~8時15分(予定)
横浜市内にて(ご参加の方に連絡)

イングリッシュキャンプ(本プログラム):2018年 8月8日(水)~10日(金)2泊3日
 大学セミナーハウス(東京都八王子市)及び 周辺

(詳細は下記日程表でご確認ください)

事前研修にご参加になれない場合、追って資料の共有などでフォローいたします。

研修参加費

(受付終了)

本研修プログラムは、子どもたちと一緒に全行程を過ごす、宿泊でのご参加となります。上記研修プログラム費用には、事前研修費、本プログラム中の食事代、宿泊費、1日目・3日目の集合場所~現地間の貸切バス代、2日目・観光時の移動交通費、科学館入場料、各種資料代を含みます。

お食事について: 宿泊施設内・集団行動での飲食となりますので持ち込みは不可で、キャンプ参加者分と合わせた統一メニューとなることをご了承ください。アレルギーなどについては事前にお知らせいただければ対応可能とのことです。

事前研修時の交通費、本プログラムのご自宅~集合場所(JR新宿駅、JR八王子駅、現地のいずれか)往復の交通費は各自ご負担となります。

申込締切日

7月18日(水) (募集4名以内) 事前研修前に資料などもお送りします。どうぞお早めにお申し込みください。

研修主催・問い合わせ先

※スパムメール防止のため、お手数ですがご自身で入力をお願いします


※J-SHINE準認定から正認定に必要な指導経験時間(50時間)のうち、15時間を本プログラムで経験していただけます。(行程全体を英語で過ごしますが、J-SHINE指導経験として算入するのは、レッスン部分です) この研修によりJ-SHINE資格を付与するものではありません。

ツアー手配

(交通宿泊等の手配を行う旅行会社です。研修プログラム、参加についての詳細はすべて上記エデュケイティングへお問い合わせください。
旅行会社連絡先

GCcamp1808日程

チラシデータ表示、研修参加に関するQ&A

以下の画像をクリックしていただくと、GCイングリッシュキャンプのチラシデータ(小学生の参加者向け)をご覧いただけます。(A4サイズ、PDFファイル形式。表・裏 各1ページ)

お友達への紹介などにもご活用ください。

GCイングリッシュキャンプチラシ表GCイングリッシュキャンプチラシ裏


question-tp.png

研修には1日だけの参加もできますか?

今回は3日間通して最も効果的に学んでいただけるよう、研修プログラムを組んでいます。そのため、全日程の参加をおすすめしています。
その点をご理解いただいたうえで、どうしても1~2日しか参加できない、という場合は個別にご相談ください。
また、1日・2日のみのご参加となった場合でも、原則として参加費の割引やご返金はいたしませんのでご了承ください。

question-tp.png

事前研修参加の都合がつきませんが、研修に申し込めますか?

はい。事前研修は8月4日(土)午後6時15分から2時間程度の実施を予定しており、お越しになれない場合は事前情報を含め、キャンプ開始までに内容をシェアします。(もちろん、実際にその場にご参加いただくことで学べることは多くありますので、できるだけご参加いただくことをお勧めします)
事前研修では、3日間のおおまかな流れの説明、研修参加の皆さんの指導での関わり方と事前の指導トレーニングを予定しています。

question-tp.png

J-SHINE(ジェイシャイン、小学校英語指導者)資格に関係がありますか?

現在、J-SHINE「準認定」の資格をお持ちの方には、今後の「正認定」に必要な指導経験時間(50時間)のうち、15時間を本プログラムで経験していただけます。この研修へのご参加により、J-SHINE資格を付与するものではありませんのでご注意ください。
すでに正認定、上級認定、トレーナー資格をお持ちの方にも、また、特にこのような資格をお持ちでない方にも学んでいただけることは多くあります。(ご自身のお子さん、教室の生徒さんに対し「子どもたちとのかかわり方が大きく改善した」とのお声もいただいています!)ご自身の経験値アップに、ぜひご参加ください。

question-tp.png

小学生の子どもがいるのですが、親子で参加してもいいですか?

はい。親御さんが教員・英語指導者として研修に参加されるのであれば、親子でご参加いただけます。研修費から割引もあります。(保護者として付き添いや見学だけのご参加はご遠慮ください)
お子さんの成長の様子を間近に見ながら、ご自身の指導力も上げられるメリットがあります。
その場合、レッスンの際のグループ分けなどでは親御さんとお子さんは別グループといたします。部屋割りは男女別、大人と子どもは同室・別室いずれのケースもあります。(※お子さんの参加枠がすでに満席・キャンセル待ちとなっている際は一緒にご参加いただけないことがあります)
→イングリッシュキャンプ参加者向けご案内ページ

ご参加の皆様より【2】

座学などでは得られない貴重な時間体験

お客様の声

英語指導経験のまったく無い私をメンバーに加えていただいたことに深く感謝いたします。

他のメンバーは現役の先生方ばかりで素人の私は途中で少し申し訳ない気持ちになりました。皆さん日々切磋琢磨されている先生ばかりなのに指導のABCも無い私が素人目線でご一緒させていただいて、何度もとんちんかんな意見を言ってさぞ困らせていたでしょうに皆さん辛抱強くお付き合いくださったのだと後になって感じています。

ただ、それだけに現役の先生方の普段の苦労、思い、喜びを聞くことが出来たのは大きな収穫でした。座学などでは得られない貴重な時間体験でした。

また生徒の子供達がとてもかわいかったのが嬉しく楽しい体験でした。小学校の子供と触れ合うのは随分久しぶりだったので遠出を伴い一緒に行動して、自分がよそ様の子とまだ仲良しになれるということが嬉しい発見でした。

素晴らしい機会をありがとうございました。

(塩井先生)

夢のような3日間

(イングリッシュキャンプ講師研修では)どのようにレッスンを展開していくと自発的に英語を口にするようになるのか、というコツを学ぶことが出来ました。

夜のミーティングはとても貴重な話が沢山聞けました。
他の先生方の悩みというのは、共通する点も多くあるので、これから講師としてやっていくのに為になることばかりでした。
講演会などでしか聞くことのできない先生方のお話を目の前で沢山聞くことができて夢のような3日間でした。

英語にほとんど興味のなかった子が「英語って結構楽しいじゃん」と言ってくれたことが一番嬉しかったです。

(井戸先生)

週1回・1時間のレッスンとは集中度や濃さも違う

1)今年は自分のことを客観的に捉えることができました。

それは2回目の参加で、全てが初めてだった去年に比べ、心に少し余裕があったこともありますし、研修の先生方がたくさんいたので、他の先生方と比較して「あ、自分ってこうなんだな」と 気づかされる部分も多かったです。
普段一人で自分流のレッスンしているので、このような集団に身を置くことで、「我が身を知る」機会はとても貴重でした。
100人先生がいれば、100通りのアプローチがあり、「自分にしかできないアプローチって、どんなんだろう?」を研修中考えさせられました。

2)バックグランドを何も知らない 初めて会う生徒達と 英語でどのように距離を縮めるか、これが今回の一番の課題でした。(昨年よりも今年の方がこのハードルが高かった・・・)

きっかけがつかめなくて、一日目はなかなか話しかけられず苦戦しました。
私の場合、どうしても 「この子は今、心の中でどのように感じているんだろう?」という詮索が先に立ってしまいます。 「嫌がっているのか、不安なのか、それとも受け入れようとしているのか。」 相手の心理を考えすぎてしまい、行動に移せないということが多々あり、そこをどう突破していけばいいのか。 これは子どものタイプにもよるし、先生のキャラクターによってアプローチが違うので、答えは人それぞれにあると思いますが、ある程度「時間」が助けてくれるということは実感しました。 1日目よりも2日目、そして3日目と だんだんと子ども達が心を開いていってくれて、それに従って英語での会話も増えていったように感じました。 そして、発話を促すには、その環境を作ることと同時に、いかに子ども達の心の緊張をほぐし、リラックスさせ、不安をとりのぞくことが大切かということを子ども達から学びました。

キャンプでは3日間集中して朝から晩まで生活をしながら英語を使うので、週1回・1時間のレッスンとは集中度や濃さも違うし、生徒達も英語モードに入りやすいと思います。

最後に、私がこのキャンプに連続して参加したいと思った主な理由は、講師の先生方がすばらしいからです。

子ども達に向きあう姿勢、子ども達に伝えたいこと、英語以外での大切なことなど、さやか先生がこのキャンプを通して意図しようとしているところから、学ぶことが多くあります。
どんな教育でもそうですが、子ども達を指導する上で、社会性や情緒面を考えることは大事な要素なので、さやか先生がそういう面も大事にされているところが共鳴できます。

(中川先生)

(ご参加・メッセージをありがとうございます。皆様をお迎えできて光栄です!)

お申し込み手続きは簡単です

クレジットカード決済または銀行振込にてお手続きください。
手続き完了でご参加権を確保いたします。

(受付終了)

決済完了確認メールが届けば、受付は完了です。
(カードのご請求は「株式会社エデュケイティング」からとなります)
※申し込みページがうまく動作しない場合、メール・電話にて遠慮なくお知らせください。

※お申し込みの方には、事前研修3日前を目安に、会場や持ち物などの詳細を改めてメールにてご連絡差し上げます。

(お申込に際し、プライバシーポリシーおよび受講規約をご確認いただいたものとします)

※お申し込み手続きについてご不明な点などは、上記宛にご連絡ください。

ここまでお読みくださって、ありがとうございます。

今回ご参加になって得られる経験は、講師としての範囲にとどまらず、大きな学びになるでしょう。

子どもたち、講師仲間と過ごす3日間で、ご自身の英語力・コミュニケーション力を大いに飛躍させてください。

ご参加の枠には限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みください。

同じ教室に複数の講師・スタッフの方がいらっしゃる場合々、一緒にご参加になることも歓迎です。体験と情報の共有により意識レベルがあがり、生徒さん・お客様への対応力、組織力アップが期待できます。

皆さまをお迎えできることを、心より楽しみにしています。

  

サブコンテンツ

ページ先頭へ(Teachers-Place.com)