簡単クラスルームイングリッシュ~小学校教員向け

教室英語の黒板~小学校版

小学校に外国語活動として英語が導入されて、担任の先生が英語の授業を担当する場面も増えています。

「簡単で伝わる、教室の英語表現を知りたい!」という声にお応えして、小学校の外国語活動で使える、クラスルームイングリッシュを伝授します!

小学校英語の現場をよく知り、担任の先生とのTT(ティーム・ティーチング)経験も豊富な講師が、これまでに小学校教員、サポート人材への研修も多数行ってきた経験から厳選したクラスルームイングリッシュ一覧、教室英語フレーズ集です。

「これだけでいいの?」と思っても、あなどるなかれ。 シンプルだからこそ児童に伝わりやすく、小学校で本当に使えるものばかりです。

クラスルームイングリッシュはフレーズの「数」の問題じゃない! 手持ちの表現は少なくても、表情豊かに話してください。英語で話して、児童がちゃんと活動できる、その効果に驚きますよ!

クラスルームイングリッシュとは? なぜ使う?

クラスルームイングリッシュとは、英語の授業内で繰り返し使われる表現の総称です。直訳して「教室英語」、つまり教室内での挨拶、質問や指示、ほめる表現などのことを指します。

疑問を持っている女性クラスルームイングリッシュはなぜ使われるかというと、教室内で、できるだけ英語を使う環境を作るためです。

繰り返し出てくる挨拶や指示、ほめる表現などを、教師が英語で言うようにすれば、小学校での限られた授業時間でも、児童にとって英語を聞く回数が増えます。

繰り返しのインプットで英語表現・フレーズが耳に残ると、次はアウトプット、つまり児童自らも英語を口にする、話すことにつながります。

このように、小学校でも実際に意味ある場面で英語を使うことが、生きた英語への入口となります。

(以下に紹介するクラスルームイングリッシュ一覧やダウンロード資料は、小学校だけでなく中学校や高校など、様々な授業の場面で使えます。「こんな場面でも使えるかも」などと想像しながら、気楽にご覧くださいね!)

何はなくとも、このフレーズ!

「クラスルームイングリッシュ」としてずらりと表現一覧を紹介する前に。何より大事なこの一言。

英語が得意でも、苦手でも! 先生として、児童の学びを応援するこのフレーズを、使ってください。

speech

「ありがとう」

Thank you!

単純な表現で誰にでもわかる、言われて嬉しいフレーズです。

小学校の活動で「ありがとう」が使える場面、すぐに3つ以上、挙げられますか?

ほんの一例:

・児童が発言できたとき

・TTをしている先生が何かを手渡してくれたとき

・クラス全員がこちらに注目できたとき

・ボランティア児童がデモンストレーションを手伝ってくれたとき
(前に出てきたとき、デモを終えて戻るとき それぞれ!)

・クラスの終わりに名札を回収するとき

など いくらでも機会がありますね!

常に、気持ちの伝わる笑顔で言うようにしましょう。

笑顔の先生と子どもたち

元気にスタート! 挨拶など

日本語を見て、すぐに英語が言えるか、試してみてください。実際に場面をイメージして、声に出すのがコツですよ! 気持ちを込めて、明るい表情も忘れずに!! 

speech

「準備はいいですか」

Are you ready?

speech

「はじめましょう」

Let’s begin. 

Let’s get started. も自然な感じでおすすめ。

speech

(何かを手渡して)「どうぞ」

Here you are. 

このとき、黙って受け取らせない! 目を見て Thank you. と返せるように促しましょう。

繰り返し使える、質問

「クラスルームイングリッシュ」を使わなくては、と構えるのではなく、日常のやり取りの中で慣れていけたら理想的ですね。

speech

「今日の天気はどうですか」

How is the weather today?

It’s sunny. cloudy / rainy / snowy など答えも繰り返すので身につきますね。小学校の担任の先生なら、天気の英語カードを壁に貼っておくなどして、外国語活動のない日にも児童とやり取りし、習慣化できそうです。

speech

「これは英語では何ですか」

What’s this in English?

逆に、「日本語だと何と言いますか」What’s this in Japanese? と尋ねる場面もあるかもしれません。

英語で質問すると、日本語を発しても「英語モード」が続きます。

本を見る女子児童たち

やってみよう! 指示は明確に

「クラスルームイングリッシュ」というとこのあたりの指示表現が思い浮かぶ方が多いようです。一緒に見ていきましょう!

speech

「席についてください」

Please have a seat.

speech

「ここを見て」

Look here.

「地図を見て」なら Look at the map. となりますが、上記は Look at here. (×)としないように。

speech

「言って(やって)ごらん」

Go ahead.
「前に進みなさい」「お先にどうぞ」の意味から、「どうぞ、やってごらん」とアクションを促す言葉です。

speech

「もっと大きい声で」

Louder, please.

これは、厳しい表情で言うのではなく、笑顔で大げさにアクションをつけながら、声のボリュームを上げてもらいましょう。

小学校に限ったことではありませんが、もともと声の小さい児童などは、すでにがんばっているつもりのときにこれを言われると、声が出なくなってしまいますので特に注意が必要です。

speech

「ペアになって」

Get into pairs. / Make pairs.

指示に従うひよこたち

アクティビティでも使える「クラスルームイングリッシュ」、指示の一覧は、シートにしてプレゼントしますのでページの最後をご覧くださいね。

ほめて、ほめて、励まして!

ベテラントレーナーが実践している、ちょっとした声掛けの一覧です。これも立派な「クラスルームイングリッシュ」。英語を使いつつ、気持ちがちゃんと伝わるように心がけてくださいね。

speech

「よくできました!」

Very good!  

ほめるのは素晴らしいことです。ただし、声の調子やトーンが単調にならないように! また、Good ばかりでなく Well done. / Great! / Wonderful! などのバリエーションを持たせられると良いですね。

このようなフレーズが飛び交うクラスなら、元気も出ます。また、教室だけでなくその小学校全体の活気につながる、と信じています!

speech

「よく挑戦しました」

Nice try.

発言が「正解」でなかったとしても、アクティビティやゲームで、カードやポイントがもらえなかったとしても…… その挑戦を認める一言をかけてあげたいですね。

speech

「もう一度挑戦しましょう」

Let’s try again.

英語のレッスンでは、正解を知っている子が活躍するばかりではつまらないものです。特に小学校は皆に学びのチャンスが与えられています。

「知らない、わからない」も当たり前。挑戦、発言したことをほめ、発見を楽しむこと、挑戦することを奨励しましょう! 

このような先生の姿勢、相手を大切にして関わろうとする気持ち、子どもたちは見ています。

言いすぎ注意! このひとこと

speech

「わかった?」「さて」など

Okay? OK…

同じ言葉を繰り返しすぎると、聞いているほうは不快になります。(Annoying!)

先生のトレーニングや模擬レッスンでも、英語で話し続けなくては、間を持たせなくては、という気持ちから okay を連発する方が多いです! ご自身は大丈夫ですか?

OKの連発にうんざりします

おまけのアドバイス:

クラスルームイングリッシュそのものではありませんが、小学校での活動に関連して。

民間の英語教室での指導などをされていると、子どもたちのことを「生徒」と呼ぶことがありますね。

でも、小学校では子どもたちを「児童」と呼びますので、心に留めておいてくださいね。

全部英語だと、理解できないのでは?

ここまで様々な「クラスルームイングリッシュ」表現を一覧にしてきましたが、

「英語の指示では、児童は理解できず、ついてこられないのでは?」というご質問を受けることもあります。

確かに、少し込み入った内容であれば、興味付けや説明の部分で日本語での導入が必要・効果的なケースもあります。

しかし、ここで取り上げたようなクラスルームイングリッシュなら全く問題なく伝わります。

上のような質問をされた先生の授業を拝見すると、たいていの場合は「先生が伝えきれていない」「伝わる工夫をしていない」ところに問題があります。

例えば、 “Get into pairs.” (ペアになって)を小学校の活動で初めて使うときを想像してみてください。

直立不動で言ったら?

大半の児童には伝わりませんね。

では、伝わるためにジェスチャーや体の動き、立ち位置を変えるなどの工夫をしたらどうでしょう。

すっきり理解した女性子どもたちのところまで行き、2人ずつを一緒に立たせるなどして、視覚的に見せたら?

伝わりやすさが全く違いますね。

“Please stand up.” (立ってください)も、手や体を使って、椅子から立ち上がることを促しているはずです。

このように、先生がクラスルームイングリッシュを使う際、「個々の単語やフレーズの意味は知らなくても、言われていることはわかる」ことは多いです。

英語になじみがない、知らないことが多いからこそ、楽しい雰囲気で繰り返し表現に親しみ、学ぶのです。

ここでご紹介したクラスルームイングリッシュ一覧をヒントに、教師と児童が一緒に楽しむ、実りある時間となりますように!

ダウンロードプレゼント

小学生との英語活動に使える、オリジナルの教室英語フレーズ集をプレゼントします。

「小学校外国語活動 先生のためのクラスルーム・イングリッシュ45」

A4サイズPDFファイル。長年の経験と実践から選んだ、45のお役立ち表現集一覧。いつでもチェックできるよう、1ページに凝縮しました。

・小学校の先生

・小学生に英語を指導する方

へのお宝資料です。

以下よりご登録いただき、ぜひご活用くださいね。

小学校英語活動表現集プレゼント

上の記事で紹介した英文を含む、子どもたちとの英語環境を作り、活動をスムーズにする教室英語表現45を集めたクラスルームイングリッシュの例文シートを、ダウンロードでプレゼントします。(A4サイズPDFファイル)

下記フォームから当サイトの無料メール会員にご登録ください。折り返しダウンロード情報をお送りしますので、すぐにお受け取りいただけます。

メールアドレス 必須です 

1)上記フォームにメールアドレスをご記入ください
2)「登録して、特典を受け取る」ボタンをクリックしてください
3)ご登録メールアドレスあてに特典ファイルのダウンロード情報が届きます
4)ご自身の英語指導に、自信が持てます! ぜひレッスン・イベントにお役立てください




サブコンテンツ

ページ先頭へ(Teachers-Place.com)